木漏れ日の森。2009/09/05 編笠山

先月、雨で散策のみになった編笠山に行ってきた。天気は晴れだったが、山の上はガス。行動時間も長かったが、楽しい森だった。

行動記録
8:15 出発
8:45 道の駅小淵沢
9:25 ハイキングコース入り口
9:50-10:00 R1 観音平岩石園
10:10 観音平
10:45-10:55 R2 雲海分岐
11:25-11:40 R3 押手川
12:40-13:00 R4 編笠山
13:30-13:45 R5 青年小屋
14:45-14:55 R6 押手川
16:00-16:10 R7 観音平
16:40 ハイキングコース入り口
17:15 道の駅小淵沢
(実動7:30/行動9:00)


大きな地図で見る

P9050027
まだ暗いうちに、始発で出発。

P9050031
小淵沢駅から八ヶ岳が見える。

P9050032
駅から南アルプス。この日いちばんの展望。

P9050033
どんどんガスが出てくる。

P9050037
左から2番目の円錐形のピークが目的地の編笠山。

P9050038
小淵沢駅と茅ヶ岳(たぶん)。

P9050041
小淵沢インター。田舎の歩道は土建屋のためとはいえ、これは酷いのでは。

P9050045
ゴール予定地の前を通過。

P9050047
車道を離れて最短ルートを。

P9050050
車止め。

P9050054
一直線の道。棒道というらしい。

P9050058
山にガスがかかってきた。

P9050060
ハイキングコースの入り口。

P9050062
歩きやすい道。

P9050063
ピークはもう見えない。

P9050066
草だらけ。

P9050067
通り抜けたら花粉まみれに。

P9050071
アザミとワレモコウ。高原の雰囲気。

P9050072
南アルプスがガスってきた。

P9050073
富士山と天子山塊(たぶん)。

P9050074
防火帯の中を登る。

P9050079
防火帯おわる。振り返るとけっこう登ってきたのが分かる。

P9050080

P9050085

P9050090
岩が点在。このあたりは観音平岩石園というらしい。

P9050095
鉄格子で塞がれたの岩。ここでよそ見をしていて左ひざを岩にぶつけた(無傷)。

P9050096
入ると危険、ではなくヒカリゴケの保護のため。

P9050102
観音平駐車場。天気が良いためか、車が多い。

P9050105
気持ちの良い登山道。

P9050110
人も多い。

P9050118
岩と木の根と木漏れ日。

P9050120
苔と岩。

P9050133
緑が一段と濃くなったように感じる。

P9050141
ステージの上でスポットライトを浴びているよう。

P9050147
岩の間を通る。

P9050149
岩に囲まれ、秘密基地のような感じ。

P9050151
明るい森。

P9050163
だいぶ登ってきた。

P9050164
立ち枯れとダケカンバは、色と形が似ている。

P9050165
今はのどかだが、気候の厳しさが感じられる。

P9050166
小淵沢の町が少しだけ見える。

P9050169
ガスで薄暗くなる。このあたりで、左右のふくらはぎが、一回ずつ攣る。

P9050171
雲の切れ目から日差しも。はしごあり。

P9050173
青空も。このあたりに青年小屋の看板があり、ビールやカキ氷があることを知る。

P9050175
最後の急登。晩夏の空を見上げる。

P9050177
森から出ると、花を撮る人々。

P9050179

P9050180
花。

P9050182
編笠山の山頂。

P9050183
風が強いときに逃げ込めそう。

P9050184

P9050185

P9050188
展望は風任せ。

P9050190
下界が少しだけ見える。南アルプスは雲の向こう。

P9050191
三角点。

P9050194
樹林帯の中を北へ。

P9050195
青年小屋が見えた。

P9050201
岩がごろごろしている場所を歩く。

P9050202
岩の隙間に凶悪な草がいた。

P9050204

P9050205
岩の下り。

P9050206
岩山。怖いから登ることは無いだろうが、見る分には美しい。

P9050208
青年小屋。修行っぽい名前だと思っていたが、遠い飲み屋。

P9050209
行動中なのでビールはやめてカキ氷。500円。

P9050210
編笠山を振り返る。岩は苦手でコースタイム20分のところ、30分かかった。

P9050222
森の中を下山。いい時間になっているので、転ばない程度に急ぐ。

P9050231
ぬかるんだ水溜りさえ美しい。

P9050234
下界と南アルプスの一部が見えた。

P9050247

P9050248

P9050252
森。

P9050262
結構な時間で、やや西日。

P9050264
ススキ。

P9050265
雲海分岐。

P9050268
夕暮れ前の森。

P9050274
観音平。

P9050275
南アルプスは雲の中。

P9050279
まだ暗くなる前だったので、車道ではなく防火帯を駆け下りる。

P9050282
夕焼け。

P9050283
鋸岳か。

P9050287
南アルプスを垣間見ながらの車道歩き。

P9050289
夕日を浴びるアカマツ。

P9050290
正面に甲斐駒を見ながら、スパティオ小淵沢に到着。

P9050291
延命の湯でビール。道の駅にはビールは無いが、温泉に入れば自販機がある。最終バスは逃したのでタクシーを使うことにしてのんびり。

P9050294
小淵沢駅から見た月。

反省と感想
・日帰りは大変。
・青年小屋に寄らなければもっと早く下山できた。テントを持って行って一泊すると楽しそう。
・ローカットのトレッキングシューズで行ったが、岩がごろごろしたところを含め、下りでの足首へのダメージは相当なもの。ただ、つま先で地面を蹴らないと登りでペースを上げられないので、ミドルカットの靴あたりが妥当だったか。壊れてご苦労様したので、新しいものの購入を検討しようと思う。
・諏訪湖の花火を見に行く余裕はなかった。
・車が欲しくなったが、ビールを飲めないので要らない。
・八ヶ岳は岩山ばかりだと思い込んでいたが、良い森だった。

その他の写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*